会社案内
HOME > 会社概要

会社概要

ADEKAクリーンエイドは1973年の設立以来、 先進の研究開発体制のもと、総合的なシステム洗浄企業として、食品衛生を中心とした洗浄分野に事業を展開しています。

会社概要

会社名 ADEKAクリーンエイド株式会社
所在地 〒113-8422 東京都文京区本郷1丁目4番5号 陽光ビル
 周辺地図はこちら
設立年月日 1973年4月14日
資本金 1億4000万円(授権資本金2億8000万円)
決算期 3月(年1回)  決算情報はこちら
株主 株式会社ADEKA
系列 株式会社ADEKA(東証一部上場企業)の100%出資会社
代表者 取締役社長 武富順二
従業員数 137名(2017年3月末現在。)
採用情報はこちら
事業所 東京(本社)、札幌、仙台、静岡、名古屋、大阪、福岡
研究所 東京開発研究所(東京都荒川区)、つくばテクノセンター(茨城県龍ヶ崎市)
経営理念

開かれた経営を行い、全社一丸となる。

・正義、公正、真摯に行動する。

・より良い未来のために、日々業務を改善する。

・顧客第一主義、お客様があってのACAであることを常に意識する。

事業内容 厨房用および食品関連工業用各種洗剤ならびに自動供給機器の研究開発・販売
その他の取組み 次世代育成支援(PDF)

関係会社

関係会社 中央クリーンエイド販売株式会社
東日本クリーンエイド販売株式会社
中部クリーンエイド販売株式会社
近畿クリーンエイド販売株式会社
西日本クリーンエイド販売株式会社
アックス株式会社

                            当社代理店はこちら

沿革

1973年4月 旭電化工業株式会社(現株式会社ADEKA)の全額出資により、業務用自動食器洗浄用洗剤マーケットへの進出を目的として株式会社アデカクリーンエイド(現ADEKAクリーンエイド株式会社)を設立。本社を東京都千代田区神田に設置。同時に大阪営業所、名古屋営業所、福岡営業所を開設
1973年9月 食品添加物のみを使用した自動食器洗浄機用乾燥剤を開発、販売を開始
1978年5月 日本生活協同組合連合会(日生協)の無公害・高安全性指向の洗剤の開発・企業化に協力
1979年8月 陣容の拡充に伴い、本社を文京区本郷に移転
1981年1月 仙台営業所開設
1982年3月 米国ディバーシー・ワールドホールディングス社と厨房用、施設用、クリーニング用および工業用洗剤ならびにその関連装置の日本国内における独占的技術導入契約を締結
1982年5月 米国ディバーシー・ワールドホールディングス社の日本法人であるディーバーシー株式会社を吸収、その事業全般を継承。食品工業用洗剤の販売を主体とする工業用洗浄事業部(ディバシー部門)を新設
1984年10月 札幌営業所開設
1988年10月 広島営業所開設(2015年9月閉鎖)
1990年4月 微生物による排水汚泥物質の生化学活性分解事業に進出
1992年3月 米国ディバーシー・ワールドホールディングス社との契約満了につき、円満に技術導入契約を終了
1992年4月 応用開発を目的とした「つくばテクノセンター」を開設
1993年4月 資本金を1億4000万円に増資
1999年1月 技術サービス部門と洗剤自動供給装置の修理部門を、全額出資の子会社としてアックス株式会社を設立
1999年10月 「厨房用及び食品関連工業用洗剤並びに自動食器洗浄機用洗剤供給装置の設計、開発、製造管理および付帯サービス」について「ISO9001」の登録を取得
2004年4月 静岡営業所開設
2005年2月

甲信営業所開設 (2011年3月閉鎖)

2005年4月 西日本地区の研究開発の強化を目的とした「西日本テクノセンター」を開設
(2010年3月閉鎖)
2006年5月 ADEKAクリーンエイド株式会社に商号変更。
2012年10月 研究開発部門を「東京開発研究所」に移設統合。

トップへ


お問い合わせ 業務用洗剤 食品工業用洗剤・洗浄装置のADEKAクリーンエイド株式会社| ホーム サイトマップ