洗剤誤飲誤用の応急処置
HOME > 洗剤誤飲・誤用の応急処置

よくあるご質問

  ◆誤って飲み込んだ場合中性洗剤の場合アルカリ洗剤の場合塩素系洗剤の場合酸性洗剤の場合

 ◆誤って目に入った場合中性洗剤の場合アルカリ洗剤の場合塩素系洗剤の場合酸性洗剤の場合

◆誤って皮膚についた場合アルカリ洗剤の場合塩素系洗剤の場合酸性洗剤の場合

   

『誤って飲み込んだ場合』


◆中性洗剤の場合◆
 (代表例:キャプテンV、キャプテンコンクエース)
  《症状》
    1)希釈液をなめたり一口飲んだ場合
     ◎刺激(苦み)を感じる。
    2)原液または多量の希釈液を飲んだ場合
     ◎口腔や喉の痛み、下痢、腹痛、嘔吐がみられる。
    3)一般に合成洗剤は、口腔粘膜に対する刺激と苦み等悪い味を有し、更に吐き気を
     催す作用があるので、多量を飲み込むことはまれである。
   《応急処置》  ◎行うべき処置  ×してはならない処置
    1)希釈液をなめたり、一口飲んだ場合
     ◎毒性上ほとんど問題ないが、まず水で口をすすぐ。
     ◎誤飲したものを薄めたり、食道や胃粘膜を保護するために、念のためコップ一杯
     程度の水を飲ませる。
     ◎様子がいつもと違う場合、医師に相談する。
    2)原液または多量の希釈液を飲んだ場合
     ◎すぐにコップ1〜2杯の水を飲ませ、誤飲したものを薄めたり、食堂や胃粘膜を
     保護する。
     ×無理に吐かせてはいけない。吐物や泡が気管にはいると肺炎を起こす可能性が
     ある。自然に嘔吐が生じた場合は、吐物を吸入しないように注意する。
     ◎嘔吐や下痢症状が激しかったり、様子がおかしい場合は医師に相談する。
                     ※日本石鹸洗剤工業会『誤飲誤用の応急処置』より抜粋


◆アルカリ洗剤の場合◆
 (代表例:ウオッシュメイトEサイド、ウオッシュメイトEPX、キャプテンクリーンHG)
  《症状》
    1)希釈液をなめたり、一口飲んだ場合
     ◎口内に弱い刺激や痛みを感じる。
    2)原液または多量の希釈液を飲んだ場合
     ◎腐食作用による口内、咽頭、食道、胃粘膜の障害に伴う痛みや刺激がみられる。
     ◎咽頭、声門、喉頭の浮腫により端音を発し、また胃刺激による悪心や嘔吐が生ず
     る。
     ◎症状が激しい場合、血圧の低下、循環器障害による虚脱状態、チアノーゼ、呼吸
      困難、昏睡状態となり、死亡する可能性もある。
   《応急処置》  ◎行うべき処置  ×してはならない処置
    1)希釈液をなめたり、一口飲んだ場合
     ◎すぐに水で充分口をすすぐ。
     ◎誤飲したものを薄めたり、食道や胃粘膜を保護するために、念のためコップ一杯
     程度の水を飲ませる。
     ◎様子がいつもと違う場合、医師に相談する。
    2)原液または多量の希釈液を飲んだ場合
     ◎すぐにコップ1〜2杯の水を飲ませ、医師に相談する
     ×吐かせてはいけない。吐かせることによって、吐物が逆流して再度粘膜を刺激し
     たり、肺に入る可能性がある。
     ×酢、フルーツジュースを飲ますのは望ましくない。中和熱が発生して、損傷を更
     にひどくしてしまう可能性がある。
     ×炭酸飲料を飲ますと炭酸ガスが発生するので避ける。
                     ※日本石鹸洗剤工業会『誤飲誤用の応急処置』より抜粋


◆塩素系洗剤の場合◆
 (代表例:テルロンブリーチ)
  《症状》
    1)希釈液をなめたり、一口飲んだ場合
     ◎口内に弱い刺激や痛みがみられることもある。
    2)原液または多量の希釈液を飲んだ場合
     ◎腐食作用による口内、咽頭、食道、胃粘膜の障害に伴う痛みや刺激がみられる。
     ◎咽頭、声門、喉頭の浮腫により端音を発し、また胃刺激による悪心や嘔吐が生ず
     る。
     ◎まれに胃や食道の穿孔をおこすこともある。
     ◎症状が激しい場合、血圧の低下、循環器障害による虚脱状態、チアノーゼ、呼吸
     困難、昏睡状態となり、死亡する可能性もある。
                     ※日本石鹸洗剤工業会『誤飲誤用の応急処置』より抜粋
   《応急処置》  ◎行うべき処置  ×してはならない処置
    1)希釈液をなめたり、一口飲んだ場合
     ◎すぐに水で充分口をすすぐ。
     ◎誤飲したものを薄めたり、食道や胃粘膜を保護するために、念のためコップ一杯
     程度の水を飲ませる。
     ◎様子がいつもと違う場合、医師に相談する。
    2)原液または多量の希釈液を飲んだ場合
     ◎すぐにコップ1〜2杯の水を飲ませ、医師に相談する。
     ×吐かせてはいけない。吐かせることによって、吐物が逆流して再度粘膜を刺激し
     たり、肺に入る可能性がある。
     ×酢、フルーツジュースを飲ますのは望ましくない。中和熱が発生して、損傷を更
     にひどくしてしまう可能性がある。
     ×炭酸飲料を飲ますと炭酸ガスが発生するので避ける。
                     ※日本石鹸洗剤工業会『誤飲誤用の応急処置』より抜粋


◆酸洗剤の場合◆
 (代表例:ライムリスター)

  
   《症状》
    1)希釈液をなめたり、一口飲んだ場合
     ◎口内に弱い刺激や痛みがみられることもある。
    2)原液または多量の希釈液を飲んだ場合
     ◎咽頭、食道、胃腸に対して痛みや炎症を生じる。嘔吐、吐血、灼熱感、さらに虚脱
      状態、チアノーゼ、呼吸障害、昏睡状態や、食道・胃の穿孔も考えられる。
   《応急処置》  ◎行うべき処置  ×してはならない処置
    1)希釈液をなめたり、一口飲んだ場合
     ◎毒性上ほとんど問題ないが、まず水で口をすすぐ。
     ◎誤飲したものを薄めたり、食道や胃粘膜を保護するために、念のためコップ一杯
     程度の水を飲ませる。
     ◎様子がいつもと違う場合は医師に相談する。
    2)原液または多量の希釈液を飲んだ場合
     ◎すぐにコップ1〜2杯の水を飲ませた後、医師に相談す
     る。
     ×無理に吐かせてはいけない。吐物や泡が気管にはいると肺炎を起こす可能性が  
    ある。自然に嘔吐が生じた場合は、汚物を吸引しないように注意する。 
                     ※日本石鹸洗剤工業会『誤飲誤用の応急処置』より抜粋

トップへ

『誤って目に入った場合』


◆中性洗剤の場合◆
 (代表例:キャプテンV、キャプテンコンクエース)

《症状》
   ◎刺激によっては充血や疼痛が生じることがるが、重大な障害となるようなことはない。
《処置法》
   ◎こすらずに、すぐに水で十分に洗眼する。
   ◎症状が軽減しない場合、医師に相談する。
                     ※日本石鹸洗剤工業会『誤飲誤用の応急処置』より抜粋


◆アルカリ洗剤の場合◆
 (代表例:ウオッシュメイトEサイド、ウオッシュメイトEPX、キャプテンクリーンHG)
《症状》
   ◎原液が目に入った場合、激しい刺激がみられ、やがて角膜が混濁する。すぐに洗眼し
   ないと虹彩に影響がでる場合もある。液性がアルカリ性のものの場合、手当てが遅れた
   り、処置が適切でないと視力が下がったり、最悪の場合は失明のおそれがある。
《処置法》
   ◎こすらずすぐに流水で15分以上洗い流し、眼科医に相談する。
                     ※日本石鹸洗剤工業会『誤飲誤用の応急処置』より抜粋


◆塩素系洗剤の場合◆
 (代表例:テルロンブリーチ)

《症状》
   ◎原液が目に入った場合、激しい刺激がみられ、やがて角膜が混濁する。すぐに洗眼し
   ないと虹彩に影響がでる場合もある。液性がアルカリ性のものの場合、手当てが遅れた
   り、処置が適切でないと視力が下がったり、最悪の場合は失明のおそれがある。
《処置法》
   ◎こすらずすぐに流水で15分以上洗い流し、痛みや異常がなくても直後に必ず眼科医
   に受診する。
                      ※日本石鹸洗剤工業会『誤飲誤用の応急処置』より抜粋


◆酸性洗剤の場合◆

《症状》
   ◎酸性が強いので刺激は大きい。しかし、非進行性なので処置が適切であれば軽症に
    とどめることができる。

《応急処置》
    ◎すぐに充分な流水で15分以上洗眼する。
    ◎症状が軽減しない場合、医師に相談する。
                     ※日本石鹸洗剤工業会『誤飲誤用の応急処置』より抜粋

トップへ

『誤って皮膚についた場合』


◆アルカリ洗剤の場合◆
 (代表例:ウオッシュメイトEサイド、ウオッシュメイトEPX、キャプテンクリーンHG)

《症状》
    ◎濃い液に長時間接触すると、水胞、発疹、刺激がみられる。
《処置法》
    ◎すぐに充分な流水でぬめり感がなくなるまで洗い流す。
                     ※日本石鹸洗剤工業会『誤飲誤用の応急処置』より抜粋

◆塩素系洗剤の場合◆
 (代表例:テルロンブリーチ)
 
《症状》 
    ◎濃い液に長時間接触すると、水胞、発疹、刺激がみられる。
《処置法》
    ◎すぐに充分な流水でぬめり感がなくなるまで洗い流す。
                     ※日本石鹸洗剤工業会『誤飲誤用の応急処置』より抜粋


◆酸性洗剤の場合◆

《症状》
   ◎濃い液が皮膚または粘膜に付着すると、その箇所に炎症をおこす。炎症の程度は濃
   度と接触時間によって異なり、かゆみ・痛みを覚える。一般にその作用は瞬間的で非進
   行的である。これはタンパク凝固により不溶性にあるためである。
《処置法》
   ◎多量の水で酸分が完全に除かれるまで、充分な時間をかけて洗い流す。この場合、
    アルカリ液で中和しない。
                      ※日本石鹸洗剤工業会『誤飲誤用の応急処置』より抜粋

トップへ


お問い合わせ 業務用洗剤 食品工業用洗剤・洗浄装置のADEKAクリーンエイド株式会社| ホーム サイトマップ